大人初心者「立野B」の卓球ノート

40過ぎてから卓球にはまった初心者が試行錯誤する卓球ノートです。

カテゴリ:大会観戦 > ワールドツアー

クウェートオープンは張継科と李暁霞という両ロンドン五輪チャンピオンの久々の優勝となりました。リオ五輪の中国代表争いは本当に激しいです。

本日から、スーパーシリーズ連戦となるカタールオープンがスタートします。

男子は世界ランク上位19人中15人が参加、女子も21人中15人が参加という、五輪や世界選手権に匹敵する豪華メンバーとなっています。

むしろ出ない選手を挙げたほうが早いので出ない選手を挙げると、男子は体調不良のボルと方博、閻安、朱世赫、女子は陳夢、李暁霞、武楊、木子、梁夏銀、リー・ジエが不出場です。

日本選手も、クウェートオープンに吉村選手、大島選手、森薗選手を加えたフルメンバー。大島/森薗ペアもダブルスに出場します。水谷選手はクウェートオープンと同じく許キンと同じブロックに入っています。

<男子>
水谷隼  :第7シード
丹羽孝希 :第12シード

<女子>
福原愛 :第4シード
石川佳純 :第5シード
伊藤美誠 :第8シード
平野美宇 :第15シード

<男子ダブルス>
大島/森薗:第1シード
丹羽/吉村:第12シード

<女子ダブルス>
福原/伊藤:第7シード

女子U-21はクウェートオープンから若干メンバーが変わりますが、第一シードから第五シードまで日本勢。クウェートオープンと同じく日本人同士の激しい戦いとなるでしょう。

クウェートオープンの準々決勝は世界選手権決勝の再戦となる 水谷隼VS許キン 世界選手権と異なり大熱戦となりました。是非、以下の動画を見て欲しいと思います。



この試合、ほとんど勝っている試合で、非常に悔しい結末なのですが、色々と世界選手権とは違います。

① 世界選手権では若干体が重そうな印象があったが、この試合にはその印象がない
② 世界選手権では、ドライブを慎重に打っている感じ(湿気の影響があったのではないか)があるが、この試合にはない
③ サーブが非常に効いている
④ 世界選手権では常に受けに回っていて止めるのが精一杯な印象があったが、この試合では先手を打てている。

今後に期待が持てる試合だったと思います。

ちなみに、4ゲーム目、水谷選手がバックサーブを使っているのですが、今まで使ってましたっけ?

 

16日から20日まで、スーパーシリーズであるクウェートオープンが開かれています。スーパーシリーズは6つしかない最高ランクの大会で、ボーナスポイントも最大の大会となります。

世界選手権の激闘が残っている各選手にとって、負担が大きい大会となるでしょう。逆に、ハン・イン、田志希などの世界選手権不出場の帰化選手たちには、ランクを上げるチャンスともいえます。

日本選手も、吉村選手を除き、オリンピック代表の5人は決勝トーナメントから参加、シード権を巡る戦いに挑みます。決勝トーナメントは3/18の現地時間の夕方、日本時間の深夜から開始です。

<男子>
水谷隼  :第7シード
丹羽孝希 :第11シード

<女子>
福原愛 :第4シード
石川佳純 :第5シード
伊藤美誠 :第9シード

他、平野美宇は第16シード。他にも予選トーナメントから多数参加します。
(U-21女子はシード16人中9人が日本人)

個人的には、ワールドツアー初参戦でソルヤらを連破していきなり世界ランク43位にランクされた橋本帆乃香に注目しています。

結果(JTTAサイト)
 
JTTAサイトに載っていない最速の結果を知りたい場合は、ITTFのサイトをどうぞ。 

リオ五輪のシード権を争うメンバーのハンガリーオープン及びドイツオープンの結果をまとめておく。


WRRR名前ハンガリードイツ
97ハン・イン出場せずベスト16
78石川佳純ベスト32準優勝
49福原愛ベスト16ベスト8
810馮天薇ベスト64ベスト16
1512ソルヤベスト64ベスト16
2113リー・ジャオ出場せず出場せず
3514リ・ミョンスン出場せず出場せず
1115田志希ベスト16ベスト32
1916リー・ジェベスト8ベスト16
1717シャン・シャオナベスト16ベスト16
2218鄭 怡静ベスト4ベスト32
1319徐 孝元ベスト8ベスト8
 
WR:世界ランキング
RR:レイティングポイントのみのランキング

ハンガリーオープンはメジャーシリーズ(下表B3)、ドイツオープンはスーパーシリーズ(下表B2)に格付けされている。今回の石川佳純選手の準優勝は大きい。

格付けB1B2B3B4B5格付けB1B2B3B4B5
優勝725436189ベスト1632241684
2位644832168ベスト3224181263
3位564228147ベスト641612842
ベスト4483624126ベスト12886421
ベスト8403020105※ボーナスポイントは取得後1年で消滅。
※2016年変更点。ワールドツアースーパー及びメジャーシリーズ男女シングルス予選へのボーナスポイント新設。
スーパー予選ベスト32=9p メジャー予選ベスト32=6p
スーパー予選ベスト64=6p スーパー予選ベスト64=4p

http://www.jtta.or.jp/ranking/wr/system2016.html
 

このページのトップヘ