大人初心者「立野B」の卓球ノート

40過ぎてから卓球にはまった初心者が試行錯誤する卓球ノートです。

カテゴリ: 用具

リオオリンピック卓球の余韻が覚めやらぬ中、購入したカーボンラケットが届きました!

カルテットAFCです!

さっそく重さを計ります。平均91gらしいですが、100gくらいあったらどうしよう。。

image
あれ軽い。84gしかありません。


予定していたラバーを貼っても。。
image
173gしかありません。


 
今使っているラケットは187gなので14gも軽いです。
image


パワーテープつけようかな。とりあえず打ってみて考えます。

ここ何ヶ月か、特殊素材ラケットについて調べている。持ち前の好奇心に突き動かされ「使ってみたい」と思って調べ始めたのだが、特殊素材のラケットについては情報が少なく、何を基準に調べてよいのか全くわからないのだ。

難しい理由

① 使っている素材によって違うようなのだが、メーカーによって素材の名前が違う
② ラバーに比べレビューが非常に少なく、どんなラケットなのか全くわからない
③ クチコミも「初級者は木材」というようなクチコミが多い

特殊素材のラケットはバタフライのシェアが圧倒的で、バタフライ以外のラケットについては正直何もわからないに等しいというのが正直な感想である。バタフライの以外のメーカーは、正直情報が全然ない。

というわけで、候補も仕方なくバタフライ中心である。

候補(1): インナーフォースレイヤーZLC 卓球王国のレビュー

私の調査では最もシェアが高いと思われるカーボンラケット。「インナー」(この用語もバタフライが作ったっぽい)と呼ばれる中の方にカーボンを入れたラケットで、軽打では木材ぽく、強打ではカーボンの威力が出るらしい。ALCなど他の素材もあるが、ZLCがインナーでは一番人気のようだ。

---------------
木材の柔らかい打球感を備えたインナーファイバー仕様のラケット。軽量でありながら弾みの高さとしなやかさを併せ持つZLカーボンがハイレベルなプレーをサポートします。
---------------

候補(2): ティモボルALC or フレイタスALC 卓球王国のレビュー(フレイタスALC)

「アウター」と呼ばれる比較的外側にカーボンを配したラケットのうち、最もシェアが高いと思われるラケット。ZLCなど他の素材もあるが、比較的柔らかい打感で支持されているようだ。

---------------
アリレート カーボンを搭載し、優れた攻撃力と安定性を両立。ヨーロッパ選手権大会でボル選手が幾度となく優勝するなど、素晴らしいプレーを引き出すことが実証されています。
---------------

といいつつ、ティモボルより球持ちが良いと言われるフレイタスALCが本命。グリップもフレイタスの方が好み。

候補(3): カルテットLFC or カルテットAFC 卓球迷宮地下一階の貴絽さんによるレビュー

インナーの位置に堅い素材を、アウターの位置に柔らかい素材を配したヴィクタスのオリジナリティを感じるラケット。丹羽選手が使っていることで一躍有名に。

全く眼中になかったが、貴絽さんとの合同練習でLFCを使わせてもらったところ、爽快なスピードドライブ連打が出来るのですっかり気に入ってしまった。調べたところ「木材かと思うような球持ち」というレビューもありこれは良さそうだ。

軽いLFCを買うべきなのだろうが、せっかくなので別のをということでAFCが本命。

使いこなせないのはわかっている。今のラケットに不満があるわけではない、でも好奇心が疼く。使ってみたいのだ。ラバーは中間硬度のものを貼るつもり。購入して使ってみたら報告します。

 

大人初心者としては粒高に興味を持つのは当たり前だろう。でも、粒高に安易に走ってはいけないという自戒も当然だろう。その2つで逡巡していたのだが、


「そうだ、粒高のボールを慣れておく必要がある!」

という名目で粒高ラバーを買ってきた。いきなり「変化幅最大」と言われるカールP1Rである。ラケットは球離れが良く弾まないものがよかろうということで、天王星2のバックに貼ってみた。

# これ以上弾まないラケットはもってないのだ。コルベルは球離れ遅いし。

image
 
レビュー・・・といきたいが、粒高を使ったことはほとんどないので比較することができない。以下は粒高をはじめて使った初心者の感想として読んでもらいたい。

カール P1R 特薄
ラケット:天王星2(7枚合板)
F面:テナジー80FX 中

カールP1Rは、カールシリーズの中でも粒がもっとも長く、変化は最大、ある意味もっとも扱いづらい粒高である。TSPのホームページには以下のように書いてある。
-------------
ルールで定められた範囲で最も高く、細長い粒形状で、大きな変化幅を誇る最強の粒高ラバー。ブロックでは強烈な変化、カットではイレギュラーするほどの切れ味を実現。
-------------

<ナックルブロック>
ちょっと角度がずれただけで飛びが大きく変わるので難しいが、当てるだけでナックルになって返るのが面白い。

<カットブロック>
イマイチうまく出来ないが、時々下回転になって戻っているようだ。今度マシンで練習してみよう。

<プッシュ>
ラケットに載せてから、手首を返して打てば攻撃的なボールになる。ただ成功率が低すぎる。これもマシンで練習する必要があるか。

<ドライブ>
フォアでドライブをしてみた。載せて打てば十分ドライブにはなる。ただ、遅い球なので相当に打ち頃である。

<ツッツキ>
まったく出来ない。

<サーブレシーブ>
面を立ててまっすぐ押せばどんな回転でも、回転を反転させて返せる。これは面白い。レシーブに悩んで粒にする人の気持ちがわかる。

<対粒練習>
粒の球に慣れようという名目で買ったわけだが、粒をやっていると粒をやっている人の気持ちがわかる気がしてきた。対粒対策のためにも、もう少し粒を練習してみようと思う。


 
 

卓球場でエアロックを人から借りてちょっと打ったので、イメージが残っているうちに書き留めておきたい。

エアロック M 厚
ラケット:アコースティック
比較ラバー:ファスタークP1、ラグザXソフト

とにかく打ちやすいラバー。球持ちが非常に良くコントロール性が高い。思いのままに打てる感触がある。

<フォア打ち>
軽いフォア打ちをするだけで球持ちが良いことが実感できる。エアロックのCMでボールがラバーに吸い付いているイメージがあるが、まさにそんな感じ。弾みすぎて抑えきれないことも、弾まなくて困ることもない。強く打てば長く打て、弱く打てばきっちり短く打てる。

また、軽く打ってもドライブがきっちりかかるため、相手はボールが重く感じるようだ。

<ドライブ>
下がってドライブを「軽く」打つと、安定した弧線を描いてボールが飛んでいく。連打してもミスする気が全くしない。驚くべき安定性。高弾性に似ているというレビューもあったが、高弾性ラバーだとここまで安定したドライブは出せないと思う。

強い回転を出そうと、「薄く」「強く」ドライブを打ってみる。途端に力が逃げているような感覚が出てくる。強く打っている割には回転がかかっている感じがしない。それではと、「厚く」「強く」ドライブを打ってみる。今度はスピードの乗ったいい球が行く。ただし、回転はそれほどかかっていないようだ。

<バック打ち>
一番好感触だったのはバック打ち。安定した球が思いのままに飛んでいく。球持ちが良いのがこんなに扱いやすいとは。ブロックもミート打ちも打ちやすい。回転に若干鈍感なのか、相手の回転に気をつかうこともない。

<台上>
時間がなかったのであまり試せていないが、ツッツキはそれほど切れない。攻撃的な台上に向いているわけではなさそうだ。フリックやチキータは時間的に試せず。

<感想>
とにかくバックのやりやすさは高評価。バックに悩んだらエアロックに変えてみるかも。アコースティックとの組み合わせだったので若干物足りなさもあったが、もっと弾むラケットとの組み合わせなら威力も出るはず。


<初心者向け評価>
初心者の2枚目、3枚目に向いている。エアロックに変えればうまくなった気がするはずだ。今までエクステンドやヴェガヨーロッパを使っていた人はエアロックに変えてみるといいかも。高弾性からのステップアップにもお奨めだろう。







 

何社かの1スターボールを打ってみたので紹介してみたい。

打ってみたもの。

TSP 1スター(購入)
 XuShaoFa 1スター(購入)
 JUIC 1スター(貰い物)
SHOEI 1スター(貰い物)

レビューの前に、品質のバラつきが各社とも大きいということを言っておきたい。例えば、

・ 打ち出して30分もすれば割れてしまう
・ ラバーの引っかかりが悪く下回転のショートサーブがネットを越えない
・ 異常にボールが止まり、下回転を打とうとすると慣れるまではほぼ空振りしてしまう

のような、多球練習くらいにしか使えないボール(割れてしまう場合は多球練習にすら使えない)がかなりの割合で含まれているのだ。 なので、3スターは高いし、やっぱりすぐ割れちゃうし、で節約しようとしても、コストパフォーマンスで3スターを下回る場合がありえる。

その上で、レビューしてみたい。打った個数はどれも5球以下なので確率的バラつきがあることは承知して欲しい(偶然ダメ個体が多かった可能性や、当たり個体が多かった可能性もある)


XuShaoFa

4球中3球当たりで、今のところ圧倒的に品質が良い。1スターの中ではメインで使っているが割れづらく、長持ちする。打った感じは非常に硬く良く弾む。3スターのニッタクに近い感じ。打った感じに違和感がないので、1スターの中では一番お奨め。当たり個体なら多球練習以外にも仕える。

 JUIC 

当たり個体をもらったので品質はわからず。打った感じは柔らかい印象。多球練習にはよいのではないか。

SHOEI

殻(?)は薄めだが硬くは感じない。打った感触は少々軽い感じでセルに近い感じ。。というか少々頼りない打球感。多球練習には使えるかな。

TSP

最初に買ったプラボール。初日の30分で2個割れてしまった。あまりの打ちづらさと割れやすさに30分でセルに戻してしまった。買った時期が早かっただけかもしれないが、使った5球中4球が不良品というレベルで「安物買いの銭失い」という言葉を体言していた。

全体としては殻(?)が厚ぼったく全体的に重く柔らかく感じる。あまり弾まない。多球練習にも使いたくないと感じた。

というわけで、お金がある大人初心者の皆さん、諦めて3スターを買った方が無難だと思います。



 

このページのトップヘ