大人初心者「立野B」の卓球ノート

40過ぎてから卓球にはまった初心者が試行錯誤する卓球ノートです。

カテゴリ:大会観戦 > その他国際大会

4月13日から17日まで、香港で五輪アジア大陸予選会が行われる。この大会に出場して出場権を獲得しなければ、シングルスには参加できない。日本からは団体戦のみに参加予定の吉村、伊藤も含め、男女3名づつが参加する(万が一のためのリザーブのため)。

 出場者リストが発表されていますので、有力国に出場者予測の参考にしてみましょう。

<中国>

馬龍、樊振東、許シン、張継科
劉詩ウェン、丁寧、朱雨玲、李暁霞

男女共、候補と言われる4人が揃って出場です。参考になりません。。


<韓国>

鄭栄植、李尚洙
徐孝元、田志希 

世界ランク的には2位のはずの朱世赫と梁夏銀が入っていません。

<他国>
台湾、北朝鮮などは4人出場で、有力選手はほぼ全部出場しています。


残念ながら、あまり参考にならない結果となりましたが、欧州予選会の結果なども紹介していきたいと思います。

 

準決勝の相手は再び北朝鮮となりました。グループリーグで勝っているとはいえ、ドイツ、ルーマニア、シンガポールを一蹴した実力は本物で、侮れる相手ではありません。北朝鮮も策を練ってくると思われます。

北朝鮮はグループリーグ5試合、決勝トーナメント1試合の6試合で、日本戦とメンバーを落としたチェコ戦以外では一人も負けておらず、「日本戦を除けば」圧倒的な力を見せているのです。
(注:準々決勝ではフォンティエンウェイに二つ負けました)

世界ランク名前年齢
37リ・ミョンスン24
70リ・ミギョン26
89キム・ソンイ22
124チャ・ヒョシム22

2014年以降の日本選手との対戦成績。

リ・ミョンスン

 石川に勝利 2014年アジアカップ
 石垣に勝利 2015年ワールドチームカップ
 浜本に勝利 2015年ドイツオープン
 福原に敗北 2015年ドイツオープン
 石川に敗北 本大会

キム・ソンイ

 若宮に勝利 2015年ワールドチームカップ 
 伊藤に勝利 2015年中国オープン
 伊藤に敗北 本大会

世界選手権、チェコ戦でバチェノフスカが登場していたが、12年前の世界ジュニアで対戦していたようなのでバタフライの記事を紹介したい。

第一回世界ジュニア 準決勝 
「団体戦、日本女子が決勝進出!!」
http://www.butterfly.co.jp/champ/wttc/junior/2003/news1216.html 

まだブラジル戦が残っているが、初戦のチェコ戦を3-0で制した女子チームが2日目に対戦するのは北朝鮮。ワールドツアーにあまり出場しないため世界ランクは低いが、世界ランク2位の日本と互角と目される難敵である。昨年のワールドチームカップは0-3で敗れている強敵だ。

世界ランク名前年齢
37リ・ミョンスン24
70リ・ミギョン26
89キム・ソンイ22
124チャ・ヒョシム22

特に怖いのがリ・ミョンスンとキム・ソンイのカットマン2人。この2人は対日本人に非常に相性がよいのだ。

2014年以降の日本選手との対戦成績を見てみても、

リ・ミョンスン

 石川に勝利 2014年アジアカップ
 石垣に勝利 2015年ワールドチームカップ
 浜本に勝利 2015年ドイツオープン
 福原に敗北 2015年ドイツオープン

キム・ソンイ

 若宮に勝利 2015年ワールドチームカップ 
 伊藤に勝利 2015年中国オープン

と、かなり分が悪い。日本チームは北朝鮮戦が最初の山場と睨んでカットマン対策を進めているが、果たして。。

ちなみに、残りのリ・ミギョンも2015年ワールドチームカップで平野早矢香に勝利、日本選手との未対戦のチャ・ヒョシムもアジア大会で李皓晴で破っており、非常に強い選手である。

テロの影響で日本勢が不参加だった今年の世界ジュニア。中国が全種目7種目を制覇。
女子は王曼昱が史上初の2連覇、男子は昨年はベスト4だった劉丁碩が優勝しました。

夏のアジアジュニアと比較すると面白い結果になっています。

<女子シングルス>
王曼昱と王芸迪の決勝になり王曼昱が優勝したのですが、準決勝の結果を夏のジュニアと比較すると面白いのです。

【世界ジュニア2015】
王曼昱 4-2 陳可
王芸迪 4-1 陳幸同

【アジアジュニア2015】
王曼昱 3-4 陳可
王芸迪 3-4 陳幸同 

今回は二人ともアジアジュニアの雪辱を果たした形になりました。次代のエースとの呼び声高い王曼昱ですが、他の選手も強そうです。



<男子シングルス>
ペンホルダー愛好者から注目されていた「王浩2世」ことアジアジュニアチャンピオンの薛飛ですが、アジアジュニアでは4-0で勝っていた劉丁碩に逆に0-4で雪辱される結果となりました。


 
 

このページのトップヘ